「心因性EDがバイアグラ・レビトラ・シアリスなどの治療薬を飲んでも治らなかった」「萎えて出来なかった」「全然勃たなかった」などという話を聞きます。

実は、心因性EDなどには「ED治療薬」は効果を十分に発揮できない時があるんです。
これは心因性EDの原因と、ED治療薬の効果の違いによるものなのです。

d2508ee0dd000a2ba52609ac099fed43_s

実際に心因性EDが治ったという人もいます、そのような人は実は心因性EDではなく、お酒を多く飲んでいたり、寝不足などによって勃起力が低下(疲れなど)一時的に勃起する力が弱まっていたのではないかなと思います。

お酒を飲み過ぎると正常な人でも勃起出来ませんし、疲れなどによって勃起力が低下している人にはバイアグラの効果で勃起する事が出来ます。

しかし、心因性EDの原因はメンタル面での勃起不全ですので治療薬を飲んでもダメなのです。

ぼくは精力サプリメントで心因性EDを治しました。
【体験談】フォースプレミアム徹底解説!心因性EDが回復しました!

ED治療薬(バイアグラ、レビトラ、シアリス)の種類と効果

  • バイアグラ(ファイザー社)
  • レビトラ(バイエル社)
  • シアリス(イーライリリー社)

これが日本でよく使われているED治療薬です、最近ではこれ以外にもジェネリック医薬品として色々とED治療薬が登場していますが副作用が気になって使われない人が多いようです。

(※ジェネリック医薬品は有効性を真似して作られているが副作用のチェックはされていないからです)

imgres

日本で一番消費されているのが、ファイザー製薬の「バイアグラ」です。名前を聞くと精力剤とわかるほど知名度が高いですね。

ED治療薬(PDF5阻害薬)の効果

ED治療薬というのはどんな効果があるのでしょうか?それを知る事によって心因性EDに効かないと言われる理由がわかってきます。

ED治療薬は「PDF5阻害薬」と言われています。「阻害剤?促進剤じゃないの?」とぼくも最初は思ったんですが、実は阻害剤で合っていました。

その理由は勃起の仕組みを知る事で理解がしやすかったです。

勃起の仕組みとは、日常ペニスは勃起していませんよね?性的興奮を得た時に勃つと思います。

日常では勃起しないようにブレーキが掛かっているのですが、そのブレーキが性的興奮などによってハズレる事で勃起します。そのブレーキが「PDF5」というものなのです。それなのでブレーキ(PDF5)の効き目を邪魔する「PDF5阻害薬」が、勃起不全の治療薬となっているのです。

朝勃ちするなら心因性EDという理由

朝勃ちをする時というのは、眠っていて起きるタイミング「意識が無い状態」に発生しますよね、これはブレーキ(PDF5)が意識がある時にしか作用していない事がわかります。

90036d7c87872a22ae8bdba38a858bc8_s

それなので、朝勃ちをするけどセックスでは勃たない=心因性EDという事がわかります。

無意識で勃つという事は、身体はちゃんと勃起できる状態なのですが、意識がある状態の特に対人のセックスで勃たないのは気持ち面での勃起不全の心因性EDなのです。

あとED治療薬を飲んだら勝手に勃起するのではなくて、勃起しやすくなるのです。

ED治療薬を飲んでいても「性的興奮をする」という事は必要で、飲んだら効果時間中ずっと勃起しているという訳ではありません。

ED治療薬は種類によって若干の効果や副作用が違う

7b76ffe7dd14020d377557bf30bdd80a_s

ED治療薬は若干ですが効果が変わってきます、その違う所は色々とありますが基本的に勃起を助ける効果はかわりありません。

違いというのはこのようなものがありました。

  • 飲んでから作用するまでの時間
  • 作用してから効果が切れるまでの時間
  • 食事をして効果が薄れる薄れないなどの違い
  • 副作用の違い(出やすい、副作用の種類)

副作用というのは薬なので出てくるものです、ED治療薬は血流を良くする作用もありますので充血などを始め小さい副作用から大きい副作用まで合わせると、約8割の確率でなんらかの副作用が出ると思ってもらっていいでしょう。

その分即効性などがあるのでいいのかなと思うのですが、心因性EDの方がこのような副作用というリスクをおってまでED治療薬を飲むのはどうなんだろうと私個人的には思っています。

それなのでこのようなサイトを作って安全に克服できるという事をお伝えしていこうと思いました。

「心因性EDの原因」と「ED治療薬の効果」の違い

【心因性EDの原因】

  • 【外的要因】職場・学校など周りからのストレス
  • 【内的要因】セックスに対する不安やトラウマ

db33e563e47fec7abcee9a104117111e_s

心因性EDの原因はこの「外的要因」か「内的要因」のどちらかと言われています。

外的要因には人間関係などや仕事などでのプレッシャーやストレスなどがあります、そして内的要因にはセックスに対する不安や失敗(勃たなかった)によるトラウマです。

それが身体の勃起をする時のシステムに悪い影響を与える事によって勃起できなかったり、途中で萎えてしまったりするのです。

興奮時に「脳が勃起させろ」という信号を「副交感神経」を通じて「ペニス」に伝えます。しかし、ストレスやトラウマなどによって「副交感神経」が満足に伝達をしてくれなくなります。

そうなる事で、脳は興奮して勃起させたいのに、身体が言うことを聞いてくれない状態になります。

突然心因性EDになった人はわかるかなと思うんですが、セックスの最中に突然勃たなくなって「え?なんで?」とビックリしてしまって、パートナーには申し訳ないような気持ちと、いつも勃っていたのに勃たない事による焦りでいっぱいでした。

この焦りも心因性EDを悪化させる原因にもなるのでNGだったと今になって気付きましたが、最中ではそんな冷静になる余裕もなくただただ男としてのプライドが無くなったというか、悲しい気持ちと、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

詳しい原因はまた別の記事で解説します。
【心因性EDの基礎知識】原因と様々な症状を知って改善していこう!

治療薬が心因性EDの原因の解消につながらない理由

07eb46683d89981037de1b55d3ab3240_s

再度確認になるのですが、ED治療薬の効果と心因性EDの原因を簡単に言うと。

  • ED治療薬の効果「勃起のブレーキを外れやすくする」
  • 心因性EDの原因「ストレスや不安」

このように、治療薬が作用している事と、心因性EDの原因が全く別だから効かないんです。

心因性EDの原因を知ってそれに最適な対応をしていく事が、一番大切なのです。気休め程度に治療薬を飲む事で(気持ち的に)マシにはなるかもしれないのですが、再発する事が考えられるでしょう。

病院ではED治療薬と一緒に「精神安定剤」を処方される事も

病院でもED治療薬だけで心因性EDが治らないという事は知られていますので、心因性EDで病院へ行くと「ED治療薬」と「精神安定剤」の2種類を処方されます。

心因性EDなら精神安定剤だけでいいのでは?
と思うのですが、心因性EDの方の中にも勃起力が低下していてED治療薬を飲んだほうがいい人がいるからなのです。

それなのでそのような心因性ED(と軽い肉体的勃起不全)の人が「精神安定剤」だけを飲んだとしたら勃起力が足りずに勃たなくなるという事になります。

それなので心因性EDだからといって精神安定剤だけの処方では無いのです。

ハッキリと「ストレスによる心因性EDだけ」だとわかっている場合には精神安定剤だけの処方になるのかもしれないのですが、調べてもわかりづらい問題ですから普通に来院しただけではそこまで調べてもらえる事は無いでしょう。

病院へ行かずに心因性EDを克服したい時には

心因性EDを克服するのに病院で「ED治療薬」や「精神安定剤」をもらうのは、自分を病気と認めてしまうようですし、特に精神安定剤を飲んでいるという事で気持ち的に不安になってくる人もいるそうです。

心因性EDになりやすい人というのは、心配性や不安症などの人が多いですので「精神安定剤」飲んでいるという事で不安になってくる気持ちがわかります。

55371f55583ce37527c0e46c622ebeef_s

そんな人には精力サプリメントなどを利用していくという手もあります、ED治療薬と違って即効性はありませんが、健康に安全に心因性EDを体質から改善していくような感じと思ってもらえればいいでしょう。ストレスを感じても副交感神経を守ってくれるような身体づくりのイメージですね。

サプリメントを探す時には、病院ではED治療薬「勃起しやすい身体にしていくような成分」と精神安定剤「リラックスさせる成分」の2種類を出されていましたので、そのような2種類の成分がしっかりと配合されているサプリメントを選ぶようにするといいでしょう。

まとめ

今回の話をまとめるとこのようになります。

  • ED治療薬は根本的な改善は出来ない
  • ED治療薬は副作用があり飲み続けるのは避けたい
  • 根本から改善したいなら精力サプリメント
  • 精力サプリメントにはリラックス成分が必須

心因性EDを治したいと思っているのでしたら、
精力サプリメントを選ぶのが良いでしょう。

そして、成分には「精力成分」と「リラックス成分」の、
両方配合されているものを選びましょう。