ストレスが原因によって勃起不全になる人が最近増えてきています、最近はストレス社会とも言われるように色々な所にストレスが多くあるのです。

ストレスの耐性が強い人や弱い人がいまして、耐性が弱い人がストレスを受け続けていくうちに今回は勃起不全なのですが、身体の色々な所へ悪い影響が出てきたりするのです。

そのストレスの原因を解消出来たらいいのですが、なかなか難しい事がほとんどじゃないでしょうか、それならストレスの耐性を上げたり身体を健康にしていく事によって心因性EDを克服していくのがいいのです。

治す方法には「病院で治す方法」と「サプリメントを使って克服する方法」とあります。両方のメリットとデメリットを見比べてどちらを選択するか決めたりするのはどうでしょうか?

9e7adcce703b01f6ffc49ee9831a1ad2_s

ストレスによる勃起不全は「心因性ED」

ストレスによって勃起不全になった時は、普通の勃起不全(ED)ではなくて心因性EDと呼ばれます。これは精神面でのEDなどと言われるように、ストレスが身体へ影響して勃起不全となる事です。

身体は元気なのですが、ストレスが身体の伝達システムに影響します、この影響によって勃起をする信号が阻害される事でペニスが勃たないのです。朝勃ちはするけど、セックスの時に勃たないというのがこの例です。

寝ている時は何も考えていない無の状態で、ストレスも感じていない状態です。それなので朝起きると勃起しているのです。意識がある時には脳の片隅でもストレスの原因の事を考えてしまっているので、それが邪魔してくるのです。

どんなストレスが原因になるの?

原因となっているストレスといっても色々があって、人によって一つの事に対して、強いストレスと受け取る人も、全然ストレスに感じない人もいます。

そして、自分自身がストレスと思っていないけどストレスになっているという時が改善しずらいのでちょっと大変なのです。そのストレスの原因は身体自体も頭の奥のほうにしまっておきたいなと思っているハズなので、無理に思い出したりしなくていいのかなと思います。

それを無理に思い出させるのが、カウンセリングなのですが、カウンセリングをする事によってその強烈な原因を再度思い出させる事に繋がり悪化させる事が多いという、心理カウンセラーの参考書の中で知りました。

自分がストレスかな、嫌だな、ツライなって思っている原因があったらまずその原因から離れたり、解消出来そうなら解消させたり、自分で解消する事が難しそうだったら別のストレスから距離を取る方法を考えていきましょう。

基本的には、学校、職場、近所、サークルなどの人間関係や仕事を任されたりのプレッシャー、就職活動などのストレスによって起こるといわれています。

病院での治療方法

病院では原因があまりわかっていない場合でもバイアグラなどのED治療薬を出してくれます。心因性EDだなと強く思われた時には精神安定剤も出してくれます。

心因性EDかなと思った人でも、実は普通のEDだったという事もあるそうで、医師が診断してもその場ではどっちの勃起不全なのかわかりませんので、様子見で薬を処方するような感じになっていると思われます。ちゃんとした病院だったら軽い質問などがあってわかるかもですが、100%解る事は無いでしょう。

セックスの前に両方の薬を飲むという事をするだけで心因性EDを治す事が出来るので即効性はありますね。

深く自分でも気づいていないストレスで薬を飲んでも効かない人には、カウンセラーと半年〜数年という長期に渡ってのカウンセリングによって改善していくそうです。結構時間がかかるので大変だそうです。

病院治療のデメリット

薬ですので副作用というものがあります。飲んだら8割は副作用が出るようです。

心因性ED時に病院でもらうの治療薬を飲むと8割副作用が出る

そして原因になっているストレス自体を解消して治すわけではありませんので、薬を飲むのをやめたら再発する事になるのです。即効性があってすぐに治したい時にはいいかもしれないのですが、再発してしまっては一生ED治療薬と仲良しになってしまいます。

実は!心因性EDはバイアグラなどの治療薬では治らないんです!!

だから回復にサプリメントを飲むんです

サプリメントは、身体に必要な栄養素を必要な分いれて作られていますよね。目がかすむような人にはブルーベリーを入れたサプリメントで、トイレが近い男性はノコギリヤシでしたっけ?そのような成分を入れて作られています。

サプリメントは栄養補助食品で、さっきの目のサプリメントに、入っているブルーベリーには目に良いとされる成分が配合されているので、飲んでいく事でかすみ目がよくなる人もいたりするのです。

このサプリメントには医薬品成分は一切配合されていません、医薬品成分を入れていると国から指導を受けてサプリメントでは販売する事が出来なくなりますので、そのような事はされずに、漢方や先ほどのブルーベリーなど医薬品ではない成分を配合して作られています。

精力サプリと言われているサプリメントの多くは、勃起をサポートしてくれるような成分だけを配合されています、しかしストレスに対する成分が含まれていないものがほとんどです。

ストレスに対する成分が含まれていても成分を見るとほんの僅かで、これっぽっちでどうなるの?というものもいっぱいありました。

心因性EDにおすすめしたいサプリメントは「勃起をサポートする成分」と「ストレスに強くなる成分」の両方が配合されている事が必須条件なのです。そんなサプリメントがありましたので紹介させてもらいます。

ストレスへの耐性が上がる

ギャバなどが、よくチョコレートなどに配合されていて「現代のストレス社会に!」みたいなキャッチフレーズで販売されているのですが、このギャバがストレスを緩和してくれるという研究データが出ているのです。

毎日摂取する必要がありますので、チョコレートを毎日食べる事は出来るんですが甘いものを食べ過ぎるのは健康に悪いですし、チョコレートがメインとなっていますのでギャバはおまけ程度の量しか入っていません。

それなので、しっかりとギャバを取る為(ストレス対策用)に作られているサプリメントを飲むのがいいのです。

原因が解消される

例えば今までストレスを100受けてしまって勃起不全になっていたとします。

ストレスの耐性が上がる事によって、この100だったストレスが個人差があると思いますが80になる人も50になる人も出てくるんです。100になったら勃起不全になってしまうという危険ゾーンだったとすれば、耐性によってそのストレスを緩和する事で、安全ゾーンに留まるのでちゃんと勃起出来るようになるという事なのです。
(この説明がわかりずらかったらごめんなさい)

原因自体の解消というよりも、今まで受けていたストレスを減らすという方が正しいかもしれませんね。ストレスが減る事でその原因に対しても「アレくらいならいいか」「ほっといてやるか」というように気分に余裕が出来る事によって、ストレスの受け流し方が上手になる事でしょう。

これは個人差があるので全員が全員そうなるとは思っていないのですが、多少なりとこのような状態になるのではないかなと思っています。

勃起力をサポートしてくれる

精力サプリなら当たり前かもしれないのですが、勃起力をサポートしてくれるような成分が配合されています。

この勃起力をサポートする成分は各社で色々と研究されたりして成分を選んだり、配合されたりしているのですが、身体自体を健康にしていくのが最優先なのです。身体が健康じゃなかったら「勃起力」はもちろん「持続力」「感度」などが悪いままです。

勃起だけすればいい人なら、それでもいいかもなのですが身体を健康にしてさらに勃起力をサポートする成分を摂取する事でビックリを実感出来る事でしょう。健康な人ほど薬の効き目が早いといいませんか?そのような事と同じような事です。

健康な身体を作ろうとしたらちょっと時間がかかります、2ヶ月は見ておいてほしいです。この2ヶ月という数字は身体の細胞が生まれ変わる周期なのです。2ヶ月は最大の日数なので早い人なら飲んで1週間とかで実感する人も出てきていますよ。

トータルの費用が安い

薬はバイアグラなら2000円前後、精神安定剤が300円前後、これがセックスの度に必要な金額です。
あとは初診料とか病院への交通費など色々かかりますが今回は省いています。

サプリメントでしたら1ヶ月で1万円程度、2ヶ月続けて2万円になります。この2万円は病院でバイアグラを飲んで10回セックスするのと同じ位の金額です。

サプリメントで身体から健康にストレスの耐性を2ヶ月かけて細胞レベルで健康にしていくのと、11回目からはまたお金を払って薬をもらいにいくのはどちらがいいでしょうか?

まとめ

ストレスによって勃起不全になった人は、原因のストレスを解消しなくてはダメなのです。それをおろそかにしてしまっては逆に悪化していく事も考えられます。それなのでストレスでEDになってしまっていると思ったらなるべく早く行動するのがいいでしょう。

そして、トータルで克服していけるサプリメントの利用がわたしはおすすめしたいなと思っています、実際にサプリメントで心因性EDを治した事があるので強くそう言えるのでしょう。

サプリメントでは勃起不全の克服だけじゃなくて、ストレスに強くなっているので多少のストレスはストレスと感じなくなるという嬉しいメリットもありますよ。

「わたしは精神安定剤を飲んでいる」と思うだけでそれがストレスになりそうだと思ってわたしは飲みませんでした、、