心因性EDで薬を飲もうと思った時に、まず最初に訪れる所って近所のドラッグストアや薬局ですよね?そこで心因性EDに効きそうな薬をチェックしたりすると思います。

a0bb1b44a66189d98f9fe0ffbd88caec_s

ドラッグストアが近所に無い人は通販サイトなどでチェックされますよね?

そこで思う事があります、「市販」と「通販サイト」ってどっちで買ったほうがいいの?

※ここではAmazonや楽天市場は除いています。
両方のサイトでは市販の精力剤などを販売されていますので、比較ポイントがズレてしまうからです。それなので精力剤の公式サイトなどを「通販サイト」としています。

【成分で比較】心因性EDの薬は市販と通販どっちがいいの?

何かを購入しようとする時は、同じ値段で良い商品を手に入れたいですよね。

安かろう悪かろうじゃお金が勿体無いですので、同じ金額でより良いものはどちらなのか、コストパフォマンスがいいのはどちらなのか比較していきたいと思います。

そして入っている成分についても少し解説したいと思います。

市販は流通コストがかかるので質を上げづらい

b7521f34e473f6da47cf127375c9c67f_s

市販はされているものは、心因性EDの薬だけじゃなくて、ジュースやお菓子など何でもなのですが、流通コストというものがかかります。

これは、メーカーから私達ユーザーが買うまでの間に「卸業者」「商社」「店舗」などが入っています。その間の利益を考えられて製品を作られています。

例えばこのような感じです。

  1. メーカー500円
  2. 卸業者700円
  3. 商社900円
  4. 店舗1100円

全部の所が200円の利益を得た場合メーカーでは500円で商品を作る事になります。そして店舗で販売される時には1100円になって販売されるのです。

これは近所で色々な商品を購入出来るようになる為に作られたシステムなので、ありがたい事なのです、このシステムが無かったら手軽に購入出来なくなります。

メーカーでは500円で商品を作る訳ですが、その500円の中にも「原価代」「容器代」「CM代」などという費用が掛かっていますので、大切な成分の原価代はさらに少なく100円あればいい方でしょう。

店舗(ドラッグストアや薬局など)で1100円で販売している商品は、100円弱の原価なのです。2〜30円の原価の時もあります。

有効成分などをふんだんに入れてもいいのですが、入れて原価が上がる事によって店舗での販売価格がグンと上がる事になります、そうすると売れなくなりますので商品を作る時には「販売販売から逆算して原価を決める所がほとんどなのです」

これはちょっとショックな事なのですが、企業も利益を出さないとやっていけないので仕方がない事なのかなと思います。

これが市販されている精力剤などにも言える事なのです。

通販では市販と比べると質を上げやすい

1941938c691ca7e658a2ad5b1bdb29b1_s

では、通販サイトではどうでしょうか?
精力剤のメーカーが店舗などにはおかずに、公式サイトでのみ販売されている事が最近では多くあります。

この場合は、上記市販の例と同じく表すとこのようになります。

  1. メーカー500円
  2. ユーザー700円

中間コストが必要なくて、メーカーからユーザーに直接販売されますので安く購入する事が出来るのです。市販と同じく1100円で売ると決めたら、市販よりも多く原価として使う事が出来るようになるのです。

もし市販で1100円の商品と、通販で1100円の商品があったとすれば原価(有効成分など)に多く使われているのは、通販の方になります。

入っている成分の種類は何がいい?

同じ値段なら通販サイトの方が有効成分が多いという事がわかりました。次はどんな成分が入っている方がいいのでしょうか?

心因性EDによいとされている成分がありますが実際の所どうなんでしょうか?

漢方薬(〇〇エキスなど)

オットセイの〇〇のエキス、すっぽんエキスなど色々なものがあります、動物系以外にも植物系の漢方薬があります。

漢方薬というのは中国で効果効能があるとされているものもあります。これは即効性というよりは飲み続けていくうちに作用してくるようなものが多いようです。

384485c18541119f4158e4cae7905f4f_s

漢方薬が入っていると効きそうだなというイメージがあるのですが、ちゃんと心因性EDに有効な成分が入っているのか、製品裏の成分一覧表などをチェックして調べてから飲むのがいいでしょう。

漢方について解説をしようと思ったのですが、色々と種類があり豊富なので全部チェックするのが難しいものなのでまた別の記事で解説させていただきます。

マカ

勃起不全の人が「マカ」のサプリメントを飲まれる事が多く人気の成分の一つです。

しかし、マカは健康になる為の食品としては良いのですが、滋養強壮には良いようですが精力増強などに特別良いかと言われれば疑問が残ります。「必須アミノ酸」「ビタミン・ミネラル」「アルギニン」が主に入っています。

それなので、飲み続ける事で健康にはなっていくと思うのですが、心因性EDの回復に繋がらないとは言い切れないのですが、「心因性EDの克服をする為にマカを飲む」というのは効率があまりよくないと思います。

健康になる事によって回復していくという事は考えられますがある程度の期間が必要でyそう。

亜鉛

海外では「セックスミネラル」と呼ばれている亜鉛です。食べ物には牡蠣に多く含まれています。

61849f479b0d6880b0f718db6b1d6a65_s

日常生活を送っていたら足りない事が多い亜鉛なのですが、不足する事によって勃起不全になる事があります。亜鉛が足りないと精子の量が減少したり、男性ホルモンの生成が減ったりという事に繋がります。

厚生労働省が発表している一日の亜鉛の摂取推奨量は10mgです、必要量は8mgです。

精力サプリメントの中には必ずと言っていいほど配合されていますので、精力サプリメントを飲んでいたら不足する事は無いでしょう。

30歳を過ぎたあたりから男性ホルモンが減少してきますので、そのくらいの年齢から精力が衰えだしたのが気になっている人は入っている商品を選ぶようにしましょう。

リラックス成分

心因性EDの人が精力成分以外に特に注目して欲しいのはこの「リラックス成分」です。

リラックス成分というのは色々とあるのですが、有名な所で食品などにもよく入れられるようになっているのが「GABA(ギャバ)」ですね、私もチョコレートに配合されているのでよく食べています。

このGABAはストレスに対する耐性を付けてくれる作用があり、ストレス社会にはピッタリな成分とされています。

このように一般的にぼくらが食べている食品の中にも「リラックス効果」があるものが多くあります、しかしその食品を毎日必要な量食べるというのは厳しいものがありますので、サプリメントを利用するのです。

これは心因性EDの原因であるストレスの緩和に繋がってきます、ストレスによって勃起不全になっている場合にはこのようなGABAなどが配合されている商品を選ぶようにしましょう。

379749e6ab4993183f540020458dee8f_s

あとはハーブにもリラックス効果があるとされるものが多いですよね。それらのリラックス効果がある成分を実感出来る量配合されているという所が選ぶ時のポイントになります。

まとめ

同じお金を出すのなら、通販サイトでの購入がコストパフォーマンスが良いという事がわかりました。

市販で5000円の商品の原価と、通販で2000円の商品の原価が同じという事も考えられますので、メーカーの通販サイトから購入するようにすれば「全然効かなかった」という勿体無い経験をしなくて済むようになるでしょう。

「精力剤を飲む」という行為によって効いたと思えるようなプラシーボ効果(偽薬効果)を狙うのでしたら、原価は関係なく安いものを選べばいいのですが、プラシーボ効果は「効いていると思い込んでいる」だけですので、実際に心因性EDが克服出来るか疑問が残ります。

本気で克服したい時にはこのサイトでおすすめしている精力サプリメントが「コスパ」「成分」的にバランスが良かったです。