心因性EDの克服方法は大きく3つあります。しかし「克服」を考えているのでしたら2つになります。

  • 病院で治療薬を出してもらって克服する
  • 自力でサプリメントを使って克服する
  • 放置して自然と克服するのを信じて待つ

3つ目の「放置して自然と克服するのを信じて待つ」というのは、いつ克服出来るかもわかりませんし、何か対策しておく事によって回復出来る可能性があったとしても待っている間に悪化するという事もありますのでおすすめしません。

それなので「心因性EDを克服する為の行動」の、「病院で治療」するのか「自力でサプリメント」で克服していくのかの2つのメリットとデメリットを上げていきたいと思います。

0fccd32fe997aa5e0249e73033ba4496_s

このサイトではED治療薬などを使用せずに心因性EDを克服していく方法をメインで書いているのですが、人によっては「ED治療薬を飲んで早く治したい!」という方もいらっしゃるお思います。それなのでメリットとデメリットをよくみて自分に合う克服方法を選んでください。

病院での心因性EDの克服方法

病院での治療方法は、心因性の勃起不全と診断されると「ED治療薬」と「精神安定剤」の2種類を処方されます。

ED治療薬は色々と種類があるのですが、その人に合わせてお医者さんが選んでくれる事になります。

b24ad6f6e521b030d26cf6bc127c9096_s

そして「ED治療薬だけ」でなく「精神安定剤も一緒」なのには理由がちゃんとあります、心因性EDの原因はストレスや不安などです。

心因性EDの人にはED治療薬だけでは十分に勃起出来なかったり、途中で萎えたり、全然勃たなかったりという事が考えられます。それなので「精神安定剤」を一緒に飲む事で、ストレスや不安などの勃起への悪影響を抑えて勃起させてくれるのです。

詳しくはこちらに書いています。
▶【実は!】心因性EDはバイアグラなどの治療薬では治らないんです!!

病院での克服のメリット

  • 治療薬を処方されてすぐに効く
  • 病院なので何かあったら時に安心
  • 確実に治るという安心感

病院で治療する一番のメリットは、治療薬を処方されてすぐに効く、確実に治るであろうという安心感がある所でしょうね。

病院は病気を治す所なので、治療薬を処方されて心因性EDの克服へ確実に向かっていくでしょう。もし治療薬を飲んでイマイチだった時には治療薬を変える事で効果が変わりしっかりと克服出来るようになっていくでしょう。

色々と飲んでみて治るのかの実感をチェックするような期間などはあるのですが、確実に治っていくので確実性が好きな人、病院に抵抗が無い人にはこちらがいいでしょう。

ED治療薬は副作用が他の薬と比べて出やすいようです。

これは勃起というのは血流を促進するなどの作用が必要ですので、ED治療薬を飲む事で小さいもので言えば「目が重受けつする」「ドキドキと動悸がする」「脈拍が上がる」などを含めると飲んだ人の8割副作用があるのですが。

何かあった時には病院なので対処がすぐに出来るという安心感が高いのもメリットとなります

※日本ではED治療薬は医師の処方箋が必要です。
個人輸入などで海外で購入する時には処方箋が必要ありません、しかしこれは何かあった時の対処や、人によってはED治療薬を飲むのがNGな人もいますので病院で入手するようにしてください。

病院での克服のデメリット

  • 病院でEDの治療に行くのが恥ずかしい
  • 無くなったら病院へ行かないと治療薬を入手できない
  • 治療薬が1粒1500円前後と高め(病院・種類による)
  • 原因を解消した訳じゃなないので飲み続ける事になる
  • NG項目が多い(満腹NG、脂物MG、お酒MGなど)
  • 薬を飲んでいるという事で自分が病気と意識してしまう
  • 治療薬は大小合わせると約8割副作用が出る
  • 治療薬を飲めない人もいる
  • 先生の知識ですぐ治ったり、治るのが遅かったりする

374bcadbbeda9f50db99b47a5113f48a_s

病院で克服するデメリットはちょっと多いです。

気になる所で言えば1粒1500円前後(バイアグラの場合)します、そして原因を克服している事にはなりませんので、飲み続ける事になります。

それなので1回につき薬代で1500円と、精神安定剤はそんなに値段がしないようですが、続ける事を考えると結構な金額になっていきますので、若い方などには厳しいのではないかなと思われます。

あとは病院で処方してもらう事が「忙しくて出来ない」「病院へ行くのが面倒」「病院でED治療薬をもらうのが恥ずかしい」などという方にはちょっと敷居が高くなりますね。

ED治療薬を飲めない人もいます

ED治療薬には種類によって変わってくるのですが色々とNG項目があるんです。

  • 満腹時に飲むと効果が低下する
  • 脂物を食べると十分に効果が出ない
  • お酒で効果が低下する
  • 行為の◯時間前までに飲んでおく必要がある

ED治療薬は有名な3種類「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」があり、それぞれこの項目が違ってきます、それなので自分に合う「効果」「副作用」「持続力」ものを処方してもらえるようにお願いする必要があります。

ED治療薬は「他の薬との飲み合わせ」「持病によっては飲めない」などあります。そして医者や病院によっては「EDに詳しい」「教科書程度の知識しかない」所があります。

しかも患者さんがEDに比べると少ない心因性EDなので、詳しいお医者さんはより少ないくなります、病院や先生を選ぶ必要があります。それが難しい時にはちょっと面倒なのですが2つの病院を持つ(セカンドオピニオン)をおすすめします。

デメリットは色々とあるのですが、病院をしっかり選んで克服していく事である程度はカバー出来るようになります。

ED治療薬は金銭的な余裕がある時にまとめて購入しておいたり、副作用が少ないものを出してもらえば、それ以外の細かいデメリットも回避していけると思います。

自力での心因性EDの克服方法

「オナ禁」「アルコール」「漢方」「マカ」「食事」での克服方法があるのですが、効果が100%無いとは言い切れないのですが、継続する事が難しいですし心因性EDを最短で克服するのには選ばない方がいい手段でしょう。

それなので自力での心因性EDの克服方法は精力サプリメントを利用していきます。

「ED治療薬」と「精力サプリメント」の比較のような感じになりますね。

自力での克服のメリット

  • 自宅で1人で克服していける
  • 健康にもなっていく
  • 通販で購入出来るので忙しい人にもいい
  • 治療薬と比べるとリーズナブル
  • 心因性EDの原因の解消に繋がる
  • 薬では無いので副作用などの心配が無い
  • 他の薬などと飲み合わせをしても問題が無い
  • 飲むだけでOKなのでNG項目などが無く気軽に飲める

自力での一番のメリットは「1人で出来る事」と「原因からの克服に繋がる」「副作用・NGの飲み合わせが無い」という所でしょう。

基本的にサプリメントなので副作用や飲み合わせが悪いという事や副作用等はありません。

そして、1人で克服が出来ますので忙しい方は病院へ行く事に抵抗がある人にはピッタリな克服方法です。

70dce5debcddc8b7fdb645288df87b81_s

そして心因性EDの原因であるストレスや不安の耐性を身体が付けていくようにサポートするような成分が配合されているので、ずっと飲み続けるという事は無くなります。徐々に減らしていき完全に飲まなくても大丈夫な人や、不安だから少量で飲み続ける人など、そこからは好みになります。

それなのでED治療薬を購入し続ける事を考えるとコストパフォマンス的には安くなります。とは言ってもある程度の金額はしますが、ED治療薬を飲み続けたとしての合計金額を計算するとわかりますが随分安いはずです。

自力での克服のデメリット

  • 最初は本当に克服できるのか不安がある
  • 人によっては2〜3ヶ月かかる場合がある
  • 毎日サプリメントを飲む必要がある

自力での克服のデメリットは「本当に出来るのか不安」という事が上げられます。これが一番のデメリットです。

f1910f04944ca0e44d12273cc0241c8f_s

早い人では1週間〜1ヶ月もかからないうちに実感されるようなのですが、遅い人では2〜3ヶ月かかる事があります。これは身体の細胞の生まれ変わりが2〜3ヶ月周期だからなのです。

サプリメントを飲んでその成分が身体の隅々の細胞まで行き渡るのにこの期間が必要とされています。ターンオーバーの期間ですね。

その期間信じて飲み続ける事になりますが、朝勃ちの頻度が上がったなどという実感が出てきますので、そのような小さい変化を見逃さないように気づく事で実感が出てきます

これは実際に飲んでみないと個人差が大きい所なのですが、精力サプリメントの体験談などを読む事でちゃんと実感できるだなという安心感が出てきますよ。

そしてサプリメントなので「毎日飲む必要があります」これはサプリメントや薬などを飲みなれていない人にすると最初は忘れがちだと思います、それなのでピルケースなどにサプリメントを入れて持ち歩くバックなどに入れておく事で飲み忘れを防ぐようにしておきましょう。

まとめ

病院と自宅での克服のメリットとデメリットはこのようになりました。

いかがでしたか?

ざっくりと両方の克服方法を比較するとこのような感じになるのかなと思います。

【病院での克服】は、早く確実に治したい方で、金銭的な余裕がある人におすすめです。

【自宅での克服】は、副作用などなく安心安全に、コストパフォマンスを安くしていきたい人におすすめです。

あとは再度じっくりとメリット・デメリットをチェックして自分に合う克服方法を選んでいってくださいね。

心因性EDを放置しておく事で自然と治る?

心因性EDを放置して治るという事はデメリットだらけなのでおすすめ出来ません。

治るのかわかりませんし、心因性EDの原因がストレスによるものだとしたらそのストレスをずっと受け続ける事になりますので、悪化してしまう事も考えられます。

それなので早めに出来るタイミングで何らかの対策なりをしてください!放置は絶対にダメですよ!手遅れになってしまっては病院に通うしかなくなりますので、、、