セックスをしている時に勃たずに、勃起不全かな?と思っている期間に、朝起きると元気に勃起しているような時があります。勃起不全と思っていたのに朝立ちするってどういう事?って思うのですが、これは心因性EDといわれる精神的なEDの時にみられる現象なんです。

心因性EDは身体は元気だけど、精神的な影響によって勃起不全になっているので睡眠中精神的な影響を忘れ去っていますので、身体が勃起するのです。無意識なのに勃起するんです。

勃起の仕組みと一緒に解説していきたいと思います。

朝立ちするのは心因性EDの証拠

まず、勃起というのは通常起きている時には勃つ事をブレーキで抑えているのです。それが性的興奮を受ける時にブレーキが外れる事によって勃起状態になります。

ED治療薬などはこのブレーキを外す事と血流を促進したりするサポートの役割をもっています。

睡眠中には、このブレーキが常に外れている状態なのです、それなので身体がかってに性的な興奮をしていなくても勃起してしまうのです。普通の勃起不全の人は肉体的に何か勃起を妨げる原因があるので、朝立ちもする事が出来ません。

心因性EDは、肉体的には元気なんだけど、精神的ストレスによってこのブレーキを外す事が出来ない状態と思ってもらえればいいでしょう。それなので無意識の睡眠から目覚める時に勃起しているのです。

心因性EDかなと思っていたのに朝立ちしない時は、心因性EDと肉体的に衰えていたり、精力に必要な栄養素が足りていない為にそうなる時がありますので、食生活を見なおしたり、生活習慣を整えたりしていく必要が出てきます。

寝起きにセックスをしたらいいの?

寝起きに朝立ちをしている時にそのままセックスをするとちゃんと出来るのでしょうか?

寝起きすぐならそのまま挿入をする事は出来るでしょう、しかしだんだんと頭が目覚めてくるにつれて萎えてきて中折する事になるでししょう。

あとは、女性側の問題もあります、こっちのタイミングでそのまま挿入する事が出来る訳もありませんし相手のタイミングというものがありますので、理解してくれている人でしたら事前に言っておけばいいかもしれませんが、やっぱりムードというものあ必要ですよね。

あと、セックス中に萎えてしまったりという経験をしてしまっては、心因性EDは多分ストレスを受けやすかったり考えやすい人だと思いますので、「セックスでまた失敗」というトラウマを植え付けてしまう事も考えられますので、あまりおすすめ出来る方法ではありません。それなのでちゃんと克服する為の方法を実践していきましょう。

心因性EDには「心因性EDの治し方」というものがあります。
普通の勃起不全とはちょっと違うんです、それなので検索したりして調べる時には注意してください。

基本的には精力を回復させるという事は同じなのですが、心因性EDの人にはリラックスさせる必要があります、精神的ダメージによってブレーキを動かす為ですね。

病院へいくとバイアグラなどと、精神安定剤を処方されます。これは精力と精神安定をさせているという事がわかりますね。治療薬などでは副作用が怖いという人にはサプリメントでも、同じように2つの成分がしっかりと配合されているものを選んでいきましょう。

精力剤として販売されているサプリメントには精力成分は含まれているのですが、リラックス成分が全然配合されていないものもあります、心因性EDの人が飲んでも効果が無い事はないと思うのですが、せっかく飲むのでしたらちゃんとリラックス成分が入ったものを飲んだ方がいいでしょう。

心因性EDを放置すると悪化するかもなので注意しましょう

ストレスが原因の心因性EDは薬での改善出来るのか?

心因性EDはサプリメントで勃起出来るようになるのか?