心因性EDの改善に「亜鉛(あえん)」という成分は必要なのでしょうか?

必要なのですが、亜鉛だけではなくて色々な成分も一緒に摂らないとダメなんです。海外ではセックスミネラルと言われている亜鉛の事と、亜鉛だけじゃダメな理由などを解説していきたいと思います。

亜鉛が不足して勃起不全になっている人ならいいのですが、心因性EDにはそれ以外に必要な成分があるんです。亜鉛よりも優先して摂取したい成分なのです。

亜鉛は精子を作る材料となる成分

亜鉛は、体内にある成分の1つです。

この亜鉛はタンパク質の合成をしてくれたりという働きがあり、精子を作ると言われています。精子の中に亜鉛が多く含まれている為にそう言われているそうです。5ml中に1mg入っているデータが出ています。

一日に必要な量は9mgと言われています、これが不足する事によって勃起不全や免疫力低下となるなどとセックスに関連する成分なので海外で「セックスミネラル」と言われるようになっています。

これ以外にも普通の生活に必要な成分なのですよ。

接種時の注意点

亜鉛のが不足しているからといって、亜鉛のサプリメントなどを飲むのはいいのですが、亜鉛だけじゃなくてミネラルやビタミンなどと一緒にバランス接種しないと、せっかく亜鉛の吸収率が低くなるそうです。

心因性EDの人が欲しい成分は亜鉛もひとつなのですが、それ以外にもありますので摂取する成分のバランスの良さは意識していきたい所です。

亜鉛は過剰に摂取してしまう事で、身体に悪い影響を与える事も報告されていますので一日に2mg以上は摂取しないようにしましょう。

亜鉛だけじゃ心因性EDは治らない

亜鉛が不足する事で勃起不全になると言われているのですが、ただ飲めばいいという訳ではありません。

ミネラルなどもバランス良く補給して一日に必要とされている2mg摂取する事でしっかりと体内に行き渡る事でしょう。同じ量飲んでいたとしても、吸収率が悪かったら勿体無いですもんね。

亜鉛が不足する事によって勃起不全になっている人ならこれで治るかもしれません。しかし、勃起不全と行っても肉体的に老化したり体力が衰える事が原因で引き起こされる場合の方が多いでしょう。

しかし心因性EDは亜鉛が不足してなっている訳ではありません。ストレスやトラウマなど精神的なダメージが原因でなっていますので、亜鉛よりも取りたい成分があります。

心因性EDの人にはリラックス成分やストレス耐性などの方が重要です。心因性EDの人の多くは身体は、簡単に言えば勃起できる状態なんだけど、ストレスなどによって勃起を妨げられている状態なのです。

確かに亜鉛を毎日の必要な量摂取するのは大切な事ですし、やっていきたい事ですが、心因性EDの人はリラックス成分などの方が身体が必要としています。

まとめ

心因性EDの人に亜鉛は必要な成分だけど、亜鉛だけじゃダメ。そして一緒にビタミンやミネラルを摂取して吸収率をあげる事と、リラックス成分などを一緒に摂取するのが一番効率が良いという事です。

亜鉛のサプリメントにはビタミンやミネラルが入っているのですが少量ですし、精力サプリメントは普通の勃起不全の人に良いとされている成分は入っているのですが、リラックス成分が配合されていません入っていても少量ですし、、、

「亜鉛が入っている精力サプリメント」と「リラックス成分のサプリメント」と同時に飲むといいの?
と思いがちですが、それだと両方に入っている成分で被る事で過剰に摂取してしまう事が考えられます、そして値段が高くなりがちです、それなのであまりおすすめ出来ません。

心因性EDの人の為に作られたサプリメントが一番しっかりと欲しい成分を摂取できますし、過剰摂取なども考えずにしっかりと克服へ進んで行けるでしょう。多分それが心因性EDの克服への近道になります。